風俗店の営業形態の違い

店舗型風俗と無店舗型風俗とはなにが違うのかご存知ですか? 実際風俗店に最初に行こうとした時はそういった種類があることすら知りませんでした。

自分が最初に利用した店舗は無店舗型だったのですが、いわゆるホテヘル、デリヘルというように呼ばれているようで、 お店によっては安価なレンタルルームが近場に用意されているところもありましたが、 だいたいのお店はその近くのラブホテルの部屋を自分で取ってからその部屋番号をお店に知らせて女の子を待つというパターンが多かったです。

何度か利用するようになってから知ったのですが、こういった風俗店にもプレイルームを持っている店舗型のお店があります。 それを知った時は今までのホテル代がもったいなく感じたものでした。

それからというもの、ほとんど店舗型の風俗店を選ぶようになりました、 Webサイトの風俗情報などで店舗型か無店舗型といったタイプ別に検索可能なので、絞込みも簡単です。

無店舗型の場合はまずそのお店の事務所にお金を払いに行く必要もある店もあり、 そんな店だとわざわざ料金支払いに事務所まで出向いてからホテルへ移動などという手間がありました、

せめて電話で予約できればいいのですが、顔写真はそのお店でしか見れないため、写真で女の子を選ぶためには行くしかないというシステムになっています。

もちろん電話で予約してホテルで待てるお店もあります、そういったシステムはお店によってまちまちです。 やはりプレイルームも一緒になった店舗型の風俗店のほうが利便性が高く、営業的にも有利と言えるでしょう。